レビトラ20mgと自信に満ちた男性

レビトラは即効性が特徴

レビトラは勃起不全の改善をサポートするED治療薬で、その他の治療薬と同様にPDE5阻害薬に分類され、自然な勃起を促すと共に勃起を持続させる効果があります。有効成分をバルデナフィルとして、5mg、10mg、20mgが存在し、専門のクリニックでは10mgと20mgが処方されます。このバルデナフィルは結晶性の粉末で、エタノールまたは水に溶けやすい性質を持ち、その他のED治療薬とは違って、服用すると効果をすぐに発揮するのが特徴です。最高血中濃度に達するまで42~52分程度なので、前もって服用しなくても、性行為の30分前に服用することで十分に効果を発揮します。このことから飲み忘れが少なくて済み、いざと言うときに使用しやすい治療薬となっています。レビトラは吸収の早さから食事の影響も少なく、食後に服用しても問題はありませんが、空腹時に飲んだ方が吸収されやすいことから、食前または食後30分以上経過してから服用することが望ましいとされています。加えてアルコールの併用は効果を弱めることが分かっているので、飲酒はなるべく控える必要があります。レビトラの効果は比較的に長時間で、10mgなら4~5時間、20mgでは8~10時間は効果が持続します。副作用も他のED治療薬と比べて少ないと言われており、正しい用法用量で使用すれば、副作用の発現も服用する人の中で数%程度とされています。効果がないからと無理に用量を増やすと、思わぬ副作用が起こることもあるので、誤った使い方だけは避けるようにしましょう。レビトラは勃起を促すための薬で、飲めば必ず勃起する薬というわけではありません。外部からの性的刺激や性的興奮がきっかけとなって、勃起を持続させるもので、精力増強などの目的には利用できないので注意しましょう。

■勃起薬について詳しく解説しています
勃起薬を通販しよう
■過去のコンプレックスを克服
ビリトラは男性の味方
■レビトラのジェネリック
バリフ