レビトラ20mgと自信に満ちた男性

レビトラのジェネリックは違法?

日本で入手できるレビトラのようなED治療薬には、先発医薬品と呼ばれる医薬品に分類されるものと後発医薬品と呼ばれる医薬品に分類されるものの二つが存在します。このうち、一般的なクリニックで処方してもらうことが可能な医薬品のことを先発医薬品と言います。
先発医薬品は、いわゆる一般的な民間企業が開発して提供した薬と言うわけではなくもっと専門的な機関によって開発された薬のことを意味します。こうした先発医薬品にはその機関が開発した際に取得された著作権や特許が存在しますので、基本的にこの権利の時効が来るまでは他の民間の会社はこの先発医薬品を真似た薬を作ることができないと言うデメリットがあるのです。そして、実際に時効が切れて他の会社も薬を開発できるようになったときには、後発医薬品としてその薬が一般市場にも開放されることになります。一般市場に開放されれば、一般の消費者も容易に薬を手に入れることができるのでこれによって気軽に薬を買うことができるわけです。
この点、日本国内ではレビトラは先発医薬品として存在するだけで後発医薬品がありません。では、後発医薬品のレビトラはどのようにして購入するのでしょうか。この場合には、海外の一般市場から輸入して購入しなくてはいけません。海外の一般市場には、既にレビトラの後発医薬品が存在するのでそれを輸入代行によって仕入れてもらうわけです。
こうしたことが違法な行為ではないのかと心配する人もいますが、全く心配はいりません。個人的な目的でレビトラを使うのならば個人輸入で仕入れてもよいという事を国が認めています。やってはいけないのは認可されてない薬を販売したり転売したりする高位なので、その点を勘違いしないように心がけましょう。